陽気な木星

そういえば以前こんな記事を書きながら、「結局3F+3Loの3Loを跳びそこねた場合その後現実的にはどうリカバリーできるっていうんだよ」ともうなんだかわかんなくなっちゃっていたんですけど、ボストンワールドの蝶々夫人の3F+3Loのところの解説で荒川さんが「トリプルフリップトリプルループを跳ばないと後半でトリプルダブルダブルのコンビネーションがループループつけられないこともあって、すごく前向きに挑んでいった3回転3回転コンビネーション」って言ってて、最初からリカバリー考えられない構成だったわけじゃんって納得した訳です。解説ありがとうございました。決して聞き漏らしていなかったよということをここに記しておきます。

(なお、どうもいまどきのジュニアやシニア上がりたての女子の若手選手たちは、プログラムで実際に使うことがなかったとしてもいろんな3回転ジャンプの後にセカンドトリプルジャンプをつける練習をしておくらしいので、非常に感心しています。リカバリー大事なんですね。いったいどんだけジャンプの練習してるんだろう。単純に考えてもものすごい練習量になりますよね。あげく、トリプルアクセルも挑戦したいとか殊勝なこと言う人たちもいるし。ああ、それにジャンプの入りの助走はできるだけ短い方が望ましいんでしょう? ジャンプだけ練習してりゃいいってもんじゃないだろうからどうやって時間やりくりするんだろう。ともかくくれぐれもけがのないよう、ストレッチは念入りに。)

SOI行きたいなあ。我が子の練習の追い込みを聞きながら、以前演奏したジュピターを思い出していました。もちろんまったく技術が足りていないというのが第一の理由ですが、勘所が変なのか、スキップしたくなっちゃうような陽気な木星になってしまう。「それはないだろう」ってよく言ったものなのですが「僕のイメージはこうなんだ」の一点張り。自分の音楽の解釈としてそうだというのならそれもありかなと思ったとはいえ、今練習している曲も笑っちゃう旋律になってしまっている以上、どんな曲も同じパターンになってたらいかんだろう、と独りごちているわけです。そうはいうもの本番も間近となると、もう下手なこと言って無駄に自信なくさせて恐怖を与えてもしょうがないので、よしとするかと。

試合前のコーチってそんなふうに生徒を見てるのかなあとふと思いました。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s