どうして真央ちゃんはSNS使って自分で発信しないのだろう…?と考えてみた。

ここ数日のアクセス数を見て、腰を抜かしてしまいました。けれども詳しくチェックしてみると、オリンピック中もこまめにアクセスしてくださっていた方々がいらっしゃったようです。見て下さって本当にありがとうございます。

フィギュアスケートに関する翻訳がまったく出来ていない状況で、このブログが自分の当初の目的から離れていっているのが少し心苦しいのですが、今日もまったく翻訳に関係ない内容です。

真央ちゃんって公にはSNSやっていませんよね。どうしてやらないのかなあと。

こんなことをTwitterでつぶやこうものならきっと、たくさん詳しい方々からリプライ貰えると思うんです。コメント書き込めるようなブログだったら以前やってたのでは?…とか。

それはともかく、そもそも自ら発信するって色々大変なんですよ。真央ちゃんみたいに日本の百貨店でちょっと展覧会やれば初日で1万人の来場者を記録してしまうような影響力大きい人だとなおさら。あの展覧会は無料だから、なんて意地悪く言う人もいるかもしれませんが、時間とってわざわざ足を運ばなきゃいけないイベントです。電車だって乗るだろうし。8階まで上っていかなきゃいけないし。そんなついでにちょっと入って見られるものでもないですし。ですもの、そんな人を集める人気者がネットで自ら直接発信しだしたら、ハードル低くなりますもの、国境だって関係なくアクセスできるし、一言一言がその100倍、いや1000倍の人々に注目されるわけですよ。はっきりいって面倒くさいですよね。

たとえば信夫先生だって、真央ちゃんの指導を始めて何にいちばん戸惑ったかといえば

「経験したことのないメディアのみなさんからのすごいプレッシャー。こんなに追いかけ回されて、こんなに同じ質問を、もう針に糸を通すように正確に答えを出さないと、うわーっとまた次に攻撃をうけるというね、こういう生活はしたことないですから」

お答えになっていらっしゃいました(追記2014年5月3日:すみません、私がリンクを張ったせいだったのか、動画主さん削除されたようです。インタビューは確か日テレの朝のワイドショーからのものだったと思います)

真央ちゃんはこれまで失言らしい失言がなかったというのはよく指摘されています。長年のライバルと言われるあの人なんて、これじゃあ「あなたパブリックイメージ心配しなくて大丈夫ですか? 母国語がマイナーな言語でよかったですね」としか突っ込みを入れようがないぐらい言ってることめちゃくちゃです(「あんたたちもっと拡散しなさいよ まとめ」wiki より)。元コーチとのいざこざなども経て、さすがにご本人にフィルターなしで直接語らせるとまずいと周辺も思っているのか、最近のあの人のTwitterアカウントはご自身の慈善活動に関するツイートが中心になっています。もはやスタッフの方が代わりにやっているのかわかりませんが、それはそれでまっとうなSNSの活用法だと思います。

話が逸れていますね、かのお方のありがたき迷言についてはもう多くの方々が話題にしていらっしゃるので、真央ちゃんです。真央ちゃんは失言をしない。ときどき天然ボケだとか言われるような回答をしたことがあったとしても、決して他者を傷つける言い方にはならない。逆に言えば、そこまでちゃんとしているんだから、SNSで自ら発信したって全然問題ないと思うんですよ。

さて、ソチオリンピックが近づいた頃から、真央ちゃんの様々なスポンサー会社ではいろいろなキャンペーンをやっていました。その多くが「真央ちゃんに激励のメッセージを送ろう」というものです。自社サイトでメッセージを受けつけて、最終的には真央ちゃんに渡してくださいました。真央ちゃんも公式ブログがあるにもかかわらず、スポンサー会社のサイトに設けられたブログやFacebookに近況報告をしていましたね。

佐藤製薬さま

プロジェクト詳細│浅田真央ちゃん!応援プロジェクト│stona

プロジェクト詳細│浅田真央ちゃん!応援プロジェクト│stona

 

住友生命さま

MAO ASADA 応援プロジェクト!浅田真央選手に応援メッセージを届けよう!

住友生命ブランドパートナー 浅田真央 選手

 

 

アルソアさま

浅田真央さんにMessageを届けよう!

ああ、なるほどなあと思ったんです。これはもしかしたら、真央ちゃん流のスポンサー会社さんに対する恩返しだったのかなと。だって、自分でSNSやったり自分の公式ブログでコメント受けつけてしまったら、応援メッセージみんなそこに書き込みますよね。でも、スポンサーサイトでメッセージを受け付ければ、そのスポンサーのサイトの閲覧数は飛躍的に増えますもの。かくいう私も、「ぬぬっ、真央ちゃんにメッセージ届けてくれるのか?!」と思って、初めてそうしたスポンサーさんたちのサイトにアクセスしましたし。

……お手紙をじっくり書くような根気のない私のようなファンの方々だって結構いらっしゃったと思うんです。仮に書けたとしても、郵便局に持っていかないまま時間が過ぎてしまったとか、切手貼ったのにポストに入れるのを忘れてばかりとか…(こんな事態に陥るのは私だけかな)。愛があってもずぼらなファンにとって、メッセージ打ち込みさえすれば真央ちゃんに届けてくれるスポンサー会社様なんてありがたくて拝んでしまいますよ。

おっさいさんのサイトはさすがです。真央ちゃんのスポンサーをまとめて下さっていますね。

浅田真央出演CM一覧 Mao Asada スポンサー企業様一覧

だんだん話にオチがつけられなくなっているんですけど、ともかくね、真央ちゃんが自分で直接発信しないのは、数々のスポンサー会社に少しでも利益になるように、という心遣いなのではないかと思うのです。バンクーバー五輪の前、全日本の前でしたっけ、真央ちゃんはジャンプが不調で(もとい、あの変な採点に調子狂わされて)、舞さんにその苛立ちをぶつけたことがあるって話がありましたよね。その時でさえ真央ちゃんは、「スポンサーさんに協力いただいている以上、投げ出すわけにはいかない」(だったかな、ともかくそんなことを言っていた)と舞さんがテレビで証言するのを見たとき、そんなふうに思ったのでした。

最後の笑顔が本当にきゃわわで、泣けてきちゃうんですよ…。 →追記(2014年5月3日):住友生命さま公式サイトのYouTubeから普通に引っ張っていたはずだったのですが、これもまずかったのかしら・・・このCMは非公開設定になってしまったようです。残念。そこで、住友生命さまのYouTubeの公式チャンネルのリンク張っておきますね。まだ他の真央ちゃんの動画は残っているようなので。

住友生命YouTube公式チャンネル

真央ちゃんのスケートも、真央ちゃんのSmileも大好きです。

Advertisements

2 thoughts on “どうして真央ちゃんはSNS使って自分で発信しないのだろう…?と考えてみた。

  1. 小エビです、こんにちは。
    「愛があってもずぼらなファン」!
    私のことですよ……。
    プラス、直接手紙なんか書くの、畏れ多い!
    ワンクッション置かせてくれ!
    という気持ちもあります。
    だからスポンサー様や、真央ちゃん展のメッセージは書けました。
    実在してくれてありがたい、というか
    一昨年108歳で永眠した私の曽祖母なら、
    間違いなく真央ちゃん拝んだだろうなと思います。

    いちごスプーンさんは、賢いだけでなく、お姐さんとはタイプは違うけど面白い方なんだろうなと思いました。

    またお邪魔させてください。

    Like

    • こんにちは、コメントありがとうございました。

      確かに誰かが間に立って下さって、ワンクッションあると気が楽というのはあるかもしれません。

      色々と重なり、ブログがまた放置状態になってしまうことを恐れているところなのですが、是非またお寄り頂ければありがたく存じます。

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s