最後まで信じていたのは真央ちゃんだけだった。

ソチ五輪での真央ちゃんを見て、それはもう多くの人たちがその採点競技を越えた素晴らしさを語り尽くしているので、私はちょっと違うアプローチで。

私はずっとオリンピックが開幕するまで、真央ちゃんが目指す演技がショートプログラム、フリースケーティングを通じてできれば、やっていることが女子の中で最も高度である以上、まちがいなく優勝だという理屈で考えていました。アメリカやフランスでの報道で浅田真央が優勝候補には挙げられていなくてもです。

それでも正直言って、アメリカで「浅田真央は(今年3Aを成功していないのだから)オリンピックでは3Aをプログラムに入れないほうがいい。無理だ」という視点をベースにした記事がオリンピック前にこんなに配信されるとは思いませんでした。結局、グランプリファイナルのノクターンのあのトリプルアクセルも回転不足という判定を受けて、各国メディアに「見かけがきれいでも浅田の3Aは回転不足」という認識ができてしまったのでしょう。

ですから腹立たしいと思いつつも、私は自分の心のどこかで「3Aに固執するのは自殺行為」というとらえ方をされても当然だと思っていました。あれが回転不足なら、もう誰の目でも回転が足りてるかどうかなんて判断できないレベルですもの。

ふつうならあきらめますよね。本人があきらめなくても周りがあきらめさせるでしょう。「もう何をやってもジャッジには認定されないのだから、確実に認定される2Aにしよう」と。

だいたい女子フィギュアスケートに関しては、これまで採点に一貫性も論理性もあったためしがありません。今シーズンの真央ちゃんの成績だってそうです。シーズン当初は3Aが両足着氷になっても、演技構成点の高さで優勝してきました。でも、その演技構成点が上がったのは、3Aの代わりに2Aを入れても、時間を掛けてそれ以外のジャンプ、ステップ、スピン、スパイラルなど様々な要素の質を、毎年こつこつと試合に出続けることで評価を上げていった、真央ちゃんの努力の積み重ねの結果です。信夫先生の「一つぐらい転倒しても、総合力で勝てる選手になってほしい、そういう選手になれる」という考えの通りでもありました。

実際、前年のグランプリシリーズのシーズンにそうした結果が既に出ていました。理想の形ではなくても、完璧な形でなくても、演技構成点で優勝する。真央ちゃんにとっては腑に落ちなくて不満でも、そういう勝ち方がある。実際、バンクーバー時代から見れば、明らかによくなっているのですから真央ちゃんには渋めのジャッジだって少しずつは評価を上げていったわけです。今から考えれば「他の誰も跳べない3Aを諦めるんならGOEとPCSはそれなりの評価はしてやるよ」というISU側のメッセージでもあったかもしれません。

でも……こういったベテランが有利になる出来映え点や演技構成点のつきかたって、よく考えてみたら特に若手を抱える各国のスケート連盟にとって不安材料になりますよね。

ソチ五輪には、前の五輪以来A級の試合に3回しか出てこなかった人が来るんですよ。基礎点は低いプログラムなのに、出来映え点や演技構成点が適当な出来でも際だって高くつけてもらえる人が出てくる予定なのですから。

今シーズンのグランプリファイナルでは真央ちゃんに限らず女子選手誰に対しても加点が渋めになりました。今から考えると、各国のスケート連盟は、それを見てそれまで既に疑っていた女子シングルのジャッジの基準に完全に見切りをつけたのではないかと思います。もうあんな適当なジャッジングなんて信用しない。

こうしてその後、各国の対応があからさまになったように私には思えました。日本も含めて各国内選手権で、この4年間、真央ちゃんほどの技術の向上を見せなかった人たちにも、それどころかこの2年ぐらいでやっとシニアに参戦してきた選手たちにも、国内のジャッジは演技構成点をてんこ盛りにしました。大陸別の大会でもそうです。フィギュアスケート分析ノートのkumakoさんがその辺りのことをすでにご指摘なさっていますが、そうやって真央ちゃんの地道な努力をあっという間にインフレによってリセットしてしまったわけです。

それは不運にも真央ちゃんが腰を痛めてしまい、ソチ入りまで思うような練習ができなくなった時期に重なります。自分の努力の賜物の一つをあっけなくなかったものにされたら、不安を抱えてしまって当然だと私は思います。

選手たちも4年に一度ですもの、それなりの手を打ってきますよ。自分の今シーズンのプログラムではジャッジの点が渋いと判断して、以前評判が良かったプログラムやもっとわかりやすいものに替えた選手。コンビネーションのセカンドジャンプをトリプルループにすると相変わらずジャッジは認定しないからシーズン後半でトゥループにした選手。そもそもセカンドをトリプルループにすること自体、最初からプログラムに入れない選手。みんなジャッジが点を付けようとしないものをリファインしたってどうせ点はつけてもらえない、とジャッジを信用していないんですよ。だからそういう策に出る。それは責められませんよね。

でも真央ちゃんは「採点は試合ごとに違うからあまり気にしないようにしている」と言いながらも「それでも完璧な形にすればジャッジは最後には点数をつけてくれる」という絶対評価を信じたただ1人の選手だったと思います。

でなきゃ、

・どんなにきれいに回ったって回転不足を取られるであろうトリプルアクセル

・トリプルフリップとの3回転3回転コンビネーションには、同じくどんなに回りきっていても回転不足を取られるであろうトリプルループ

・どんなに矯正したってエッジが違うとミソ付けられるトリプルルッツ、

・トリプルアクセルとダブルトゥループのコンビネーションよりも一般的に評価が高くなるなんてそもそもおかしいけど私だってやればできるわよと言わんばかりに取り入れたダブルアクセルとトリプルトゥループ

・どういうわけか昔から苦手意識のあるトリプルサルコウ

・しんどくなる後半にトリプルフリップから始まる3連続ジャンプを入れたあげく、そのコンビネーションは自分と佳菜子ちゃん以外女子は誰もやろうとしないダブルループ2連発。

・得意なジャンプなのに、それをわざわざ足にくる最後に、一番不利な条件で飛ぶトリプルループ

……どうしてジャンプだけでもこんな自分に厳しい、リスクばっかり負ってる構成にするのかって理解できないじゃないですか。

ソチで真央ちゃんはそのプログラムをやりきりました。転倒することなく、これまで何かにつけていちゃもんのように両足ついたと言われてきたぎりぎりの着氷もありませんでした。最後まで真央ちゃんは絶対評価というものを信じてこのプログラムをやってのけたんです。

で、そうした真央ちゃんの信頼に対する審判たちの答えは?

自己ベストとはいえ、オリンピックに出た選手たちの中でフリーはトータルで3番目の出来だと評価されました。出来映え点だって演技構成点だって、彼女よりも高くつけられた選手は何人もいました。

審判たちはみな自分自身を恥じるべきです。

Advertisements

7 thoughts on “最後まで信じていたのは真央ちゃんだけだった。

  1. 初めまして。
    ちょこちょこ色々なフィギュアスケートブログを覗いていますが、こちらのブログは今日初めて拝見しました。
    そして、9ヶ月も前の記事にコメントしたくなったのは、記事の内容1言1言に完全同意したくなったからです。

    今季のフィギュアスケートも見ていますが、どうしても心に大きな穴が空いたままで、寂しいという気持ちが先行してしまっています。
    真央ちゃんのような、純粋にスケートを楽しんでいる最高レベルの選手……それも、多くの人に愛され、尊敬され、それでも謙虚さを常に忘れることなく、ひたむきに努力を続け、自分の中での最高の演技を常に目指してきた、こんな奇跡のような選手が真っ当な評価を受けられなかったこと、本当に悔しいです。惜しい、と思います。

    現在の日本のスケ連は、昨シーズンから驚異的にある一人の男子選手をプッシュアップしているように思いますが、その理由が圧倒的な技術力(主にジャンプ面)というのに失笑を隠せません。
    それより何年も前から、世界で女子ではただ一人だけが持つ驚異的な技を果敢に行う選手が日本にはいたでしょう、と思ってしまうのです。

    またコメントさせて頂きます。
    今回は、気持ちが洗いざらしにされるようなそんなスッキリした記事を読めて本当に良かったです。ありがとうございました。

    Liked by 1 person

    • ばいおれっと さま
      ブログを読んでくださってありがとうございます。

      今シーズン、私は逆に、真央ちゃんが出る試合だけ見ていれば満足だったそれまでと違って、グランプリシリーズ地上波でやっている試合を全部見てしまいました。それはそれで面白い発見もあってよかったのかもしれません。

      今晩は真央ちゃんのトリノ世界選手権のカプリースをYouTubeで見ました。エキシビションでもこれですものね。今シーズン、競技プログラムでも女子でこんな(ちょっと古くさい表現かもしれませんけど)鬼のようなステップをこんなに華麗にやる人いないわけで……。心に大きな穴があいてしまうのは当然だと思います。

      これからもコメントいただければうれしいです。よろしくお願い申し上げます。

      Like

  2. WiLLの真嶋さんの記事についてのコメントありがとうございます。是非、この感想をWiLLの編集部にこの感想をお寄せいただければ私にとってもチーム公正にとってもありがたく存じます。
    メールでも受け付けているようですよ。will@web-will.jp

    Like

  3. 野バラさま、コメントありがとうございます。過分なお褒めをいただきまして恐縮いたしております。

    そうですね、ソチのSPを見た後、ここまでやってもスケートの専門家に評価して貰えないかもしれないという恐れが、あのときの真央ちゃんをぶっ壊したんだと私も思いました。
    その時は主に精神面が念頭にあったのですが、Twitterのフォロワーさんに「だから真央ちゃんは腰が痛くなっても、痛くなるまで練習してしまう」とご指摘いただいて、まさにその通りだったのだろうとさらに心が痛みました。
    腰が痛くてソチ入りまでなかなか練習ができなかったと聞きます。自信の裏付けがとにかく練習という選手ですから、不安はひとしおだったと思います。

    世選についても色々ありましたが、私はSPの後でも、FSに関してはあまり得点を期待していませんでした。SPは前回失敗しているので、それ以上の滑りをしさえすれば、審判が高い点数をつけることはたやすかったし、根拠に理由付けすることが簡単だからです。ましてや、あのすばらしい出来です。世界最高得点つけて何が悪いという話になりますので、「採点はまっとうに行われている」ことを対外的に証明すべく、審判だって得点つけたかったのだろうと思います。
    ですが、FSについては、ノーミス以上の演技、そう、ソチを上回る演技をしなければソチの点数よりも高くつける理由が見当たらなくなってしまいます。高くつけてしまったら、それこそソチの採点はおかしかったと自らばらすことになるので、厳しくなるだろうなと思っていました。ただし、ジャンプがすべてノーミスだったら世界最高点の可能性はあるかもと思っていました。
    ですから、いつだってまじめに絶対評価をしていればよかったんですよね。つじつま合わせのために世選のフリーであんなに減点することもなかったと思います。
    そういう意味でSPのときに心を入れ替えた、とは思えませんでした。それぐらい、不信感はぬぐえないものです。

    この先、女子も男子のように高難度の技に挑戦していく人が評価されるようになるのかわからないのですが、技術的に現状維持、それどころか劣化の一方をたどるような競技になってしまうと、やはり魅力はなくなっていくと思います。ただ…次のオリンピックの開催地を考えると、変化はあまり期待できないと思うので、うるさく指摘していかないといけませんね。

    Like

    • 野バラさまへ 
      とはいえ、本当のことはわかりません。
      採点は見るからにおかしいですが、なぜそうなるのかその背景について本当のことはわかりません。
      世選についても私が思ったことを書いたまでです。

      でもどうしてそうなるの?と言い続けてその声が大きくなれば、私たちよりも取材能力のあるメディアだって無視できないだろうし、取材してみようかと思うかもしれません。
      現にこの問題に取り組んでいらっしゃる真嶋夏步さんというライターさんもいらっしゃいますよね。WILL6月号も注目ですよ。

      これからもコメントいただければうれしいです。
      実を言うと笑いをとる文章を書きたいのですが、野バラさんの感想、本当にうれしかったです。励みになります。

      Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s